オーディオユニオン新宿店 ストアブログ

オーディオ専門店「オーディオユニオン新宿店」のブログです!
コンシューマー向けの入門オーディオからハイエンドオーディオまで様々なオーディオ機器を取り扱っています。
店舗2階の試聴室では、AccuphaseやB&Wをはじめ国内外のハイエンドオーディオが試聴可能です!新品に限らず中古品のご試聴も大歓迎です!
ネットワークを利用したファイル再生オーディオや、アナログレコード再生にも積極的に取り組んでいます。
ネットワークオーディオやレコードプレーヤーのセッティング訪問にお伺いすることも可能ですのでお気軽にお問合せください!
また、オーディオ製品の高価買取・下取も承ります!ネットワークオーディオからヴィンテージ製品まで何でもご相談ください!

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-30 新宿第五葉山ビル1F
TEL : 03-3352-9411  メール : shinjuku@audiounion.jp

【1】アナログプレーヤーの紹介です。前編

アナログ紹介①
 
10月7日(月) 今日は天気も良く、日中新宿はまだ暑いですね。
 
しかしインフルエンザがかなり流行っているようです、何か不思議な

感じもしますが、皆様もお体にはお気を付けください。





  
それでは・・・

本日紹介しますのはレコードプレーヤーです。

なかなか素敵な1品ですよ。
 
 
 
使用していますターンテーブルはDENON:DP-3000。
       1972年発売 実に半世紀近く前のものです。

 

 
  
 
 
   
   
当時一世を風靡しました人気商品です。

チェックをしましたが元気よく回転をしております。



大きな切り替えスイッチです。・・・これなら私でも間違えないかな

 
  
 

プラッターを外してみました。
 
 
  
 
 
DP-3000はACモーターを使用している為、交流周波数の切り替えスイッチが付いています。
お住まいの地域に合わせて切り替えてお使いください。
 
         
 
  

余談ですが
シリアルナンバーです。
気にかける方も結構います。
 
 
 
 
 
次にプラッターです。

 



ゴムシートを外した状態です。
この当時のダイレクトドライブ方式のプラッターは
比較的軽量の物が多いですね。
  *しかし商品はとてもしっかりとした作りですよ。
    
      


そしてこちらがゴムシート・・・使用感はありますが、特に硬化はしていないようです。

 
    

    
 【簡単に製品説明です】

DP-3000では、ターンテーブルを回転させるモーターを交流電流で駆動させる「ACサーボモーター」を採用していました。

ACサーボはシンプルな構造で電気的な制御がし易く、回転が滑らかです。

ただし、トルク(回す力)があまり出ないので、重いターンテーブルを回すには不向きです。

現在のデノン製品ですと、ダイレクト・ドライブ方式は、DP-1300MKⅡとDP-500Mです。

磁気パルスを使って回転を制御するダイレクト・ドライブ方式です。
 
                 ・・・以上簡単ですが製品説明でした。





それでは・・・本日はこちらで失礼をしたいと思います。

不定期ですが、次回はこちらの製品のつづきをおこなう予定です。

最後までご覧頂きありがとうございます。







 
 

clearaudio Performance DCの展示特価品あります。

皆さんはclearaudioというブランドをご存知でしょうか?
(当然知っている…という方はすみません)

clearaudio 紹介動画(ヨシノトレーディング)

--
clearaudio社は、ドイツが誇る世界最大級のアナログ専門ブランドです。
1978年、画期的でユニークな左右対称デザインのMCカートリッジを発表して以来、30年以上に渡りトレンドに左右されることなく、ターンテーブル、トーンアーム、カートリッジ、レコードクリーナー等アナログ関連のオーディオ装置造りにこだわり続け、今では世界70カ国以上で多くの音楽愛好家から愛用されています。
--

ということで、clearaudioはドイツのアナログ専門ブランドなのですが。

まず、非常に製品のクオリティが高いです。

ターンテーブルのプラッターを、マグネットを使用してほとんど接点を持たないフローティング状態にし、フリクションロスを極限まで低減させた「セラミック・マグネット・ベアリング(CMB)」などは他に類を見ないclearaudioの代表的な技術と言えます。

clearaudioはモダンアナログサウンドのリーディングカンパニーとして、さらに日本でも評価されるべきだと思います。

と、clearaudioのご紹介はここまでにして。

ここからは、新宿店で展示特価にて販売中の Performance DC というレコードプレーヤーをご紹介したいと思います。



https://www.yoshinotrading.jp/product-details/performance-dc/

「Performance DC」は、高次元のアナログサウンドの感動を伝えべく開発された New ハイ・スタンダード・ターンテーブルです。(ハイスタ...)



HDF素材をアルミで挟みこみ不要な振動伝達を抑えた プリンス(メインシャシ)に、外周部分にマスを集めてフライホイール効果を持たせた厚さ40mmのPOM製メインプラッターが装着されます。

プラッターはマグネットの反力を使って倒立タイプのフローティング軸受デザインとしたクリアオーディオ特許の「セラミック・マグネット・ベアリング(CMB)」を採用。(ここがキモです)



プラッターを外すとこんな感じです。
プラッターを置かないとかなりサブプラッターが浮いています。マグネットの強力な反力を感じますね。



ちなみにプラッターの裏側はこんな感じです。(精緻な加工が美しいですね)



ハイトルクモーターは、シャシに振動を伝えないように細心の注意が払われた半独立タイプがマウントされ、機械ノイズや振動を排除します。



付属のトーンアームは Clarify です。
(現在メーカーでは、アームレス、Satisfy もしくは TT5 が付属するタイプのみ販売中です)

「Clarify」は、ハイエンドテクノロジーをつぎ込み、時代に埋もれない普遍的でシンプルなデザイン性を持ちながらもロープライスを実現するハイコストパフォーマンスモデルです。

https://www.yoshinotrading.jp/innovation-compact/clarify/

軽量・強固なカーボンファイバーチューブにアジマス調整可能な1ピースアルミヘッドシェルを採用。



ユニークなマグネットベアリングにより、1点支持方式に近いスタイルでありながらアームチューブがハウジング内で浮遊状態を維持する構造。(ここでもお得意のマグネット)

ベアリング方式にありがちなガタから開放されています。



さらにファインチューニングノブによる針圧調整が非常に便利。
後ろのノブを回すとゆっくりとウェイトが移動します。

ここでも精密なclearaudioを感じさせます。



ちなみにこのプレーヤーには、強固なエボニーウッドボディーを持つクリアオーディオMMカートリッジの高品位モデル「Virtuoso V2」が付属しています。(未開封状態)

Performance DC with Clarify、現在お使いのプレーヤーからのグレードアップにいかがでしょうか?
店頭にてご試聴も可能ですので、ご試聴希望の方はお気軽にお問い合わせください!

【clearaudio Performance DC with Clarify スペック】
構造原理:レゾナンス最適化シャシ、ベルトドライブ
回転:33 1/3, 45, 78rpm
ドライブユニット:半独立型ハイトルク振動制御DCモーター
ベアリング:特許取得セラミック・マグネット・ベアリング(CMB)
プラッター:40mm厚高密度POM製(メインプラッター) CNC精密表面加工
トーンアーム:Clarify(クラリファイ)カーボン製トーンアーム
カートリッジ:Virtuoso V2(ヴァーチュオーゾ V2)
スピード許容誤差:±0.03%
サイズ:W420×H130×D330mm
重量:11.5 kg

現品限りの展示特価:349,800円(税込)
https://www.audiounion.jp/ct/detail/new/157939/

(一点限りの商品ですので、販売済みの際はご了承ください)

Technics SL-1000R 展示開始!



Technics SL-1000R 展示開始!

 

ご愛聴盤をお持ちになってご試聴ください!

カートリッジのお持込も大歓迎です!

 

パナソニック株式会社は、テクニクスブランドのハイエンドと位置づけるリファレンスクラスのターンテーブルとして、ダイレクトドライブターンテーブルSP-10Rおよびダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1000Rを5月25日より発売します。

近年、アナログレコードの需要が世界的に拡大しており、長年のレコード愛好者だけでなく、若年層や再びレコードを楽しみ始めた中高年の音楽愛好家にも人気が広がっています。
本製品は、1970年にテクニクスが世界で初めてダイレクトドライブ方式を採用したターンテーブル「SP-10」や、放送局などのプロフェッショナルユーザーからも高い評価を得、今なお多くのオーディオ愛好家にご愛用いただいている「SP-10MK2」(1975年発売)、「SP-10MK3」(1981年発売)を継ぎ、2015年のターンテーブル開発への再挑戦からこれまでに培った技術やノウハウを進化させた新たなハイエンドターンテーブルです。ステーターコイルを両面に配置した新開発のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターや約1トン・cm²におよぶ慣性質量を実現した3層構造の重量級プラッターにより、ワウ・フラッター0.015%の安定した回転精度を実現するとともに、コントロールユニットを別筐体とし、不要なノイズの影響を徹底して排除するなどにより、アナログレコードの豊かな音を鮮やかにありのままに再現します。

 


 

新宿店で展示開始しました!

※完全受注生産のため納期は約3ヶ月かかります

 

  お得な下取交換企画はこちら

 

 

ダイレクトドライブアナログターンテーブルシステム
SL-1000R
メーカーHPはこちら
メーカー希望小売価格:1,728,000円(税込)

 

 SL-1000R 特徴
・高トルクとなめらかな回転を実現する、新開発コアレス・ダイレクトドライブ・モーター
・約1トン・cm²におよぶ慣性質量で安定した回転を実現する重量級ターンテーブルプラッター
・電源回路をセパレートし、ノイズの影響を排除。リアルタイムの回転数表示も可能なコントロールユニット
・従来のSP-10シリーズのシステムから置き換え可能
・レコードに刻まれた音のエネルギーを引き出すため、不要振動を徹底的に排除したシステム構造
・最大3本までのトーンアームを取り付け可能な構造を採用
※フォノケーブルは付属しておりませんので別途ご用意ください。(本体出力端子は5PIN DIN型)

 

SL-1000R 特性
【ターンテーブル部】
駆動方式: ダイレクトドライブ
駆動モーター: ブラシレスDCモーター
ターンテーブル: アルミダイカスト・真鍮一体型、直径:323mm、質量:約7.9kg(ターンテーブルシート含む)
回転数: 33 1/3、45、78(※2) rpm
回転数調整範囲: 約±16%
起動トルク: 0.39N・m(4.0kg・cm)
ブレーキ機構: 電子ブレーキ
ワウ・フラッター: 0.015% W.R.M.S.
【トーンアーム部】
アーム形式: ユニバーサルS字形トーンアームスタティックバランス型
アーム有効長: 254mm(トーンアーム回転軸から針先までの距離)
オーバーハング: 15mm
トラッキングエラー角: +1°48’(30cmレコード外周)、+0°30’(30cmレコード内周)
オフセット角: 21°
アーム高さ調整範囲: 0~15mm
針圧調整範囲: 0~4g(針圧直読式)

  

  お問合せはオーディオユニオン新宿店まで

 

在庫検索

中古 新品 
オーディオユニオン全店の
在庫が検索できます。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

ブログ内検索

カウンター